2008年06月29日

傷病手当金

仕事が出来なくなった時、公的な支援制度として傷病手当金というものがあります。


以下、サイト傷病手当金より引用です。


◆傷病手当金について◆

傷病手当金とは、被保険者が病気やけがのため仕事を休み、給料が減ったりもらえなかった場合にこれを補い生活の安定を図るための手当金で、次の4つの条件がそろったときに支給されます。

@ 病気・けがのため療養中(自宅療養を含む)であること
A 今までやっていた仕事につけないこと
B 4日以上仕事を休んだとき(3日続けて休んだ後の4日目から支給されます)
C 給料がもらえないこと(給料をもらっていても傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給されます)


◆支給される金額と支給期間◆

休業1日につき、標準報酬日額の2/3相当が、4日目から1年6カ月の範囲で支給されます。
傷病手当金が標準報酬日額の2/3なので残りの差額を会社で支払うというようなことをした場合、この差額分相当は給料とみなされ、傷病手当金の額は減額されます。


◆手続き◆

「傷病手当金請求書」に事業主の証明と医師の意見書を添えて保険者(社会保険事務所または健康保険組合)に提出します。


◆時効は?◆

傷病手当金の請求権の時効は2年でその起算日は労働不能であった日ごとにその翌日となります。





以下、社会保険庁HPより引用です。



◆ 傷病手当金◆

 傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、病気やけがのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。
 なお、任意継続被保険者の方は、傷病手当金は支給されません。
(健康保険法第104条による継続給付の要件を満たしている者は除く。)


◆受給できるとき◆

傷病手当金は、被保険者が病気やけがのために働くことができず、会社を休んだ日が連続して3日間あったうえで、4日目以降、休んだ日に対して支給されます。 ただし、休んだ期間について事業主から傷病手当金の額より多い報酬額の支給を受けた場合には、傷病手当金は支給されません。


◆支給される金額◆

支給額は、病気やけがで休んだ期間、一日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する額です。なお、働くことができない期間について、ア、イ、ウに該当する場合は、傷病手当金の支給額が調整されることとなります。

ア 事業主から報酬の支給を受けた場合
イ 同一の傷病により障害厚生年金を受けている場合(同一の傷病による国民年金の障害基礎年金を受けるときは、その合算額)
ウ 退職後、老齢厚生年金や老齢基礎年金又は退職共済年金などを受けている場合
(複数の老齢給付を受けるときは、その合算額)


ア〜ウの支給日額が、傷病手当金の日額より多いときは、傷病手当金の支給はありません。
・ ア〜ウの支給日額が、傷病手当金の日額より少ないときは、その差額を支給することとなります。



◆傷病手当金の説明サイト◆

社会保険庁 傷病手当金説明サイト

傷病手当金

傷病手当金

傷病手当金を受給するためのメール講座

傷病手当と失業手当


☆受給するには、どうも申請するときコツがいるみたいですね。私は試していないので特に推薦とかはできませんが、有料ですがそうしたノウハウを公開しているサイトもあるようです。
posted by 清 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会福祉制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

針とマッサージの保険適応制度

慢性疲労症候群や逆流性食道炎の症状に肩こりや筋肉痛などもありますが
針やマッサージが保険適応で受けられます。

ただし、同じ病名では西洋医学か東洋医学(針/マッサージ)かのいずれかしか保険を適用できません(繊維筋痛症で針の同意書を書いてもらうと、針は保険適応で受けられるようになるかもしれないが、西洋医学のお医者さんに繊維筋痛症の治療を保険適応でしてもらえなくなります)。
また、適応できる病名は限定されており、医師の同意書が必要です。

(保険適応される病名)

1. 神経痛(部位はどこでもかまいません)
2. リウマチ
3. 頸腕症候群(首から肩への痛み、ひどい肩こりなど)
4. 五十肩(肩関節の痛み)
5. 腰痛症(ぎっくり腰を含みます)
6. 頚椎捻挫後遺症(ムチウチなど)
7. その他(とん痛系の病名を記載)
※ 関節の痛み(変形性膝関節症など)

私は手足、肩、首、腰の筋肉痛があったので、
3. 頸腕症候群(首から肩への痛み、ひどい肩こりなど)
5. 腰痛症(ぎっくり腰を含みます)
が当てはまり、同意書を書いてもらえました。

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.jamma.org/cgi-bin/shinkyu/siteup.cgi?category=1&page=2
http://kikko-do.com/about/faq.html
posted by 清 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会福祉制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。