2012年08月29日

FAQ

[ご質問1]
中々回復しません。こういう場合、経験上どのように治したか、一般論としてどうなのか教えて下さい。

[回答]
中々回復しない原因と対策

PS3まで回復した食事改善〜(5)正常でない食欲とそのコントロール方法

プラスを増やすよりマイナスを減らす

その他、自分が困っていたことで解決した方法は全て記事にしてありますので、過去記事をご一読下さい。
たった一つの記事、たった一つの文章であっても、数ヶ月かけて治療した獲得したノウハウを、凝縮して書いています。一行で書いてある事でも、それを守るか守らないかで、回復スピードが違いました。
目次と概要

[ご質問2]
蒸しパンが上手く焼けません。使用されている機材や材料、調理方法を教えてください。

[回答]

ふっくらした蒸しパンの作り方のコツ

ふっくらした蒸しパンの作り方のコツ2

ふっくらした蒸しパンの作り方のコツ3

水と小麦だけで作るヘルシー蒸しパン(詳細版)

蒸しパンに使用した食材と炊飯器

蒸しパンの焼き方のバリエーション

アレンジのコツ 重曹とベーキングパウダーの特徴の違い

私が使用しているベーキングパウダー

調理方法の工夫による胃の負担の差異

アレンジ〜序章と目次〜

アレンジ〜(1)加熱器具の特徴と選定理由

アレンジ〜(2)素材の特徴と選定理由〜

アレンジ〜(3)アレンジのコツ

その他のコツ、詳しい調理方法と使用した食材は以下をご覧下さい。
代表的なレシピの記事の中で、使用した食材と器具をメーカー・製品指定で紹介しています。
胃腸に優しい料理のレシピ・コツ(食事療法)に関する目次

体に優しい食材と食材店(食事療法)

[ご質問3]
自分に合うものが中々見つけられません。どのように自分に合うものを見つけるのか、その一般論や経験を教えて下さい。

[回答]

(探す方法)
自分に合った治療法の探し方に関する目次

食べられるものを探す時の5つのコツ

自分に合う食事を見つける時の7つのコツ

(一般的に胃に良い/悪いとされているものと、私や他の患者さんの事例)

食生活の改善〜胃腸に悪い食べ物・良い食べ物

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜方針と判断指標〜

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜たんぱく質編〜

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜炭水化物編〜

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜ビタミン編〜

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜飲料編〜

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜甘味料編〜

胃腸に悪い食べ物優しい食べ物とその症状と治療効果〜栄養補助食品〜

食べられるものを探す順番(胃に優しい順のレシピ集)

症状別胃腸に優しいレシピ

症状に応じた食事

PS1の時に食べられる食べ物

PS2の時に食べられる食物

PS2の時に食べられる食物2

PS3まで回復した食事改善〜(1)分析方法とその効果〜

PS3まで回復した食事改善〜(2)何をどれだけ食べてよいか〜

PS3まで回復した食事改善〜(3)食事の時間帯と回数と分量〜

PS3まで回復した食事改善〜(3)食事の時間帯と回数と分量ver2〜

社会復帰まで回復した食事メニュー

寝たきりから社会復帰できた胃腸に優しい食事メニュー

元気に仕事を続けられた胃腸に優しい食事メニュー

寝たきりから回復できた胃腸に優しい食べ物(PS8から3への回復)

短期間で回復できたレシピ

(食材比較)
蒸しパンとお粥の比較

蒸しパンとお粥の比較2

青汁について

(その他)
こういう観点もご確認下さい。
胃腸の負担を軽くするコツ〜調理方法編〜

最適な食事メニューの変化

その他、以下の記事にて、一般的にもしくは自己の経験より、どの食材がどういう症状が出たか、大丈夫だったか等、考えついた限り多くの観点で紹介するようにしています。是非ご一読下さい。

逆流性食道炎と慢性疲労症候群の治療方法に関する目次

パフォーマンスステイタス(症状の重さ)の段階で、私が食べて症状が出なかったレシピを紹介しています。

胃腸に優しい料理のレシピ・コツ(食事療法)に関する目次

[ご質問4]
栄養失調にはならなかったのでしょうか。

[回答]
FAQ 食事制限と栄養状態について

私の栄養状態や対策について紹介しています。

栄養状態と体重(医師所見)

栄養状態と体重2

栄養状態とBMI

食事制限による栄養状態の改善

PS3まで回復した食事改善〜(4)摂取カロリーと体重の増減・体調〜

PS3まで回復した食事改善〜(4)摂取カロリーと体重の増減・体調ver2〜

以下も関連記事です。

食事制限の程度

負荷の管理

分割食べ

食べる順番

[質問5]
病気で不安です。

[回答]

以下に、治療の効果を紹介しています。
はなさんのブログ「これってなに?慢性疲労症候群!と胃食道逆流症!」もご覧下さい。

逆流性食道炎の治療の効果

不安や憂鬱からの開放〜治療の効果〜

睡眠障害からの開放〜治療の効果〜

逆流性食道炎の治療による睡眠障害からの開放

治療の効果〜食べられるものの増加〜

治療の効果〜通常勤務へ〜

一年後の治療の効果

症状の回復と食べられるものの増加〜お米編〜

病気と治療の効果

治療の効果〜小さな工夫で社会復帰できました〜

髪と食事療法

ヨーロッパ旅行

私も以下の様に苦しい状態であったのですが、上記の様な回復効果を得る事が出来ました。
辛い時は長く続きません。努力すれば必ず良くなる病気ですから、大丈夫ですよ。

松原先生受診記録〜初診と自分に合う食べ物を見つけるまで〜

絶食体験記

[その他]
その他のご質問の回答も記事に直しておりますので、ご参照下さい。

目次と概要
posted by 清 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

FAQ 食事制限と栄養状態について

Q 
 食事制限をして栄養失調にならないか心配ですが、大丈夫でしょうか。

A  
■病院での検査・診察
 食事制限は、定期的に医師の診察と検査を受けながら行って下さい。
血液検査、骨密度検査など様々な検査方法があり、お近くの病院でも検査出来ます。

 専門医に診察して頂く事が重要ですが、検査であればお近くの病院でも出来ます。頻繁に検査する場合は近隣病院との連携があった方がやりやすいので、病院にご相談下さい。専門医と近隣病院とで紹介状を書いて、連携しながら定期的に検査しつつ、食事療法を行って下さい。

■吸収率を上げる工夫
 なお、栄養状態を考える上では、食べた量だけでなく吸収率も大事です。
私は、食事制限なく十分な栄養量だと言われる量を食べていた頃は栄養失調でした。その後、食事療法を開始したら、食べた量はぐっと減ったのに、胃腸機能が回復して吸収率が上がった為か、栄養状態が正常値に変化しました。
これは、胃腸に優しい料理のレシピを開発したおかげもあると思います。
いたずらに量を増やすよりは、消化吸収率を向上させる工夫をして下さい。
逆流性食道炎と慢性疲労症候群の治療方法に関する目次にもその工夫方法を紹介しています(体を温める、胃腸に優しい調理方法を考える、ウォーキング、分割して食べる等)ので、ご参照下さい。

 吸収率を上げるには、自分に合った食事を見つめる事が重要です。私にとって効果があったレシピは胃腸に優しい料理のレシピにて紹介しておりますが、個人差がございますので、各自にあった食事を探して下さい。

(参考)
自分に合った治療法の探し方に関する目次

自分に合うレシピ開発方法の目次

■点滴・注射
 場合によっては、自分で食べて摂取するよりは、病院で注射や点滴してもらう方が有益な場合があります。
例えば、鉄分は食べると吐き気を起こすし、過剰摂取も良くないので、個人の判断でサプリを飲むよりは、病院で血液検査を受けつつ、必要量を適宜注射してもらうのが良いかと思います。
医師に相談して下さい。貧血は健康な女性でもよく起きておりますので、医師の理解も得やすいかと思いますよ。
 点滴の併用
 
■私の栄養状態
 参考まで、私の栄養状態医師の診察の結果を載せておりますが、吸収率や必要な栄養量にも個人差がございますので、必ず定期検査を受けて下さい。

栄養状態と体重(医師所見)

栄養状態と体重2

栄養状態とBMI

食事制限による栄養状態の改善

栄養状態(血液検査結果)

栄養状態の最新版は以下に更新しておきます。
逆流性食道炎と慢性疲労症候群の治療方法に関する目次
posted by 清 at 08:00 | TrackBack(0) | FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。