2008年05月18日

☆しっとりふわふわにんじんケーキ☆

☆しっとりふわふわにんじんケーキ☆〜アレンジ付〜

にんじんケーキ(卵2個はちみつありにんじん2本).JPGにんじんケーキ(卵1個はちみつなしにんじん半分).JPG


(写真左:はちみつあり卵2個にんじん2本)
(写真右:はちみつなし卵1個にんじん1/2本)

(材料)
2人分

自家製国産小麦のホットケーキミックス 2人分1セット
にんじん  1/2本〜2本をジューサーにかけて約30cc〜100cc
卵      0個〜2個
はちみつ  適宜(無くてもよい)
塩      少々(無くてもよい)
水       にんじんジュースとはちみつと合わせて230cc

☆作り方☆

(1) にんじんを洗って皮をむき、ジューサに入れてニンジンジュースを作る。
(2)(1)と卵と水をミキサーに入れ、蜂蜜を加えて混ぜる。
(2)塩をホットケーキミックスに加えてよく混ぜる。
(3)(2)を炊飯器に入れて、上から(3)の粉類を振るい入れ、粉っぽさがなくなるまで切るようにさっくり混ぜる。
(4)炊飯器に入れて、炊飯ボタンを押す。1回で火が通らなければもう1回炊飯。火が通れば出来上がり!

☆コツ☆

◎市販のレシピではにんじんをすりおろして入れるものが多いですが、すりおろす時の姿勢が逆流を引き起こす可能性が高い上、にんじんは食物繊維が多く胃腸の負担となるので、ジューサーにかけて繊維を取り除いた方がよいです。ただそれでも多少の繊維は残るため、にんじんの量が多いと胃腸の負担となる場合があります。適量だとビタミン源として働きめまいなどをとってくれるので、体調に合わせてにんじんの量を調節してください。参考までに私の場合は3〜4本を越えると負担でしたが、1本だと逆に体に良かったです(めまいの軽減につながりました)。

◎はちみつは生地に入れて焼くよりかけて食べた方が少量で満足できますし、加熱により栄養分が分解されてしまうこともありません。ただ一方で生地に入れて焼くことにより負担となる物質も分解・蒸発・変性を起こし摂取できる量が増えるという効果もありますので、体質に合わせてアレンジしてください。

◎ポストハーベストがない分国産有機薄力粉が楽でした。


この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97138178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。