2008年04月11日

慢性疲労症候群の症状の度合い(パフォーマンスステイタスPS)

『PS(パフォーマンスステータス)』

パフォーマンスステイタス(PS)は厚生省が診断基準の試案として1992年に作成したもので、症状の度合いを表す基準として用いられています。

PS0・・・倦怠感がなく平常の社会生活ができ、制限を受けることなく行動出来る。
PS1・・・通常の社会生活ができ、労働も可能であるが、疲労感を感じることがしばしばある。
PS2・・・通常の社会生活はでき、労働も可能であるが、全身倦怠感のためしばしば休息 が必要である。
PS3・・・全身倦怠感のため、月に数日は社会生活や労働ができず、自宅にて休息が必要である。
PS4・・・全身倦怠感のため、週に数日は社会生活や労働ができず、自宅にて休息が必要である。
PS5・・・通常の社会生活や労働は困難である。軽作業は可能であるが、週のうち数日は自宅にて休息が必要である。
PS6・・・調子のよい日には軽作業は可能であるが、週のうち50%以上は自宅にて休息している。
PS7・・・身の回りのことはでき、介助も不要であるが、通常の社会生活や軽作業は不可能である。
PS8・・・身の周りのある程度のことはできるが、しばしば介助がいり、日中の50%以上は就床している。
PS9・・・身の周りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている。

出典:CFS(慢性疲労症候群)について http://www.geocities.jp/ix_xiorangeix_xi/next/cfs.html
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92975050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。