2008年04月09日

CFSと逆流性食道炎の病院一覧

《逆流性食道炎を診察してくれる病院》

康生会武田病院 康生会クリニック
慢性疲労・FSS外来 松原英俊先生
診察日時:金曜日14:00〜16:30
電話:075-354-7227(代表)
住所:京都市下京区木津屋橋通堀川東入
HP:http://www.takedahp.or.jp/koseikai/index.html

(交通手段)
JR・近鉄・地下鉄線 京都駅 烏丸口より徒歩5分
市バス:
16 205 206 208 9 19 28臨 33 特33 42 75 78系統にて下京総合庁舎前下車
33 特33 206 208 9 28 75 28臨系統にて七条堀下車

(地図)


(注意)
滋賀医科大学松原先生は2009年6月1日より武田病院に異動されました。
その後、H24年1月10日から、京都駅から徒歩5分の康生会クリニックに診察場所が移りました。

逆流性食道炎がCFSと同じ症状を示すということを突き止めた先生で、
日本でこの病気を治せるのは松原先生だけと言ってもいいでしょう。

CFSか、鬱病か、自律神経失調症か、逆流性食道炎か分からない場合でも、そのひとつひとつの可能性を調べて病名を確定してくださいますので、複数の科を訪ね歩く必要性はありません。

☆CFSと違い、治療方法が確立していて回復できるので、まずこの病気なのか・CFSなのかを確かめられた方がよいと思います。よくCFSの治療で用いられるビタミンCは胃腸に悪いので、この病気を悪化させることもあります。最初に受診してください。

☆滋賀医大におられた時に初診を受けたのですが、予約もすぐとれて一週間以内くらいにすぐ診ていただく事ができました。

☆問診を2時間かけて行ってくださって、話したことは全てメモされていました。
 精密検査も一通り行ってくれて、触診も指一本で角度と位置を微妙に変えてお腹を押して、細かに診察してくれました。
 話もしっかり聞いてくれ、予約していた時間は一時間だったけれど結局2時間話を聞いてくれました。
 CFSや逆流性食道炎の患者さんの悩みについても良く理解されていて、家族に対する説明もきっちりしてくれました。

☆たくさんの患者さんを診ておられるので、他の患者さんで効果のあったノウハウなども教えてくれました。

ドクターズガイドに松原先生が紹介されました。有益な情報を紹介して下さっておりますので、ご一読下さい。

《慢性疲労症候群を診療されている先生方の一覧》

ドクターズガイドにて慢性疲労症候群で検索されると、治療方法や実績等が詳細に紹介されています。  

   1.北海道  
    現在のところ登録されておりません。

   2.東 北
    三浦 一樹 先生 秋田赤十字病院内科
 
   3.関 東
    橋本 信也 先生 総合川崎臨港病院内科
    合地 研吾 先生 賛育会病院内科               
    田中 朱美 先生 東京女子医科大学神経精神科(定年退官されたため現在、診察されておりません。)          
    班目 健夫 先生    同    附属東洋医学研究所
    吉内 一浩 先生 東京大学医学部附属病院心療内科・総合内科         
    中野 弘一 先生 東邦大学大森病院心療内科            
    遠藤 俊吉 先生 日本医科大学精神医学              
    伊藤 保彦 先生    同  付属第二病院小児科         
    村上 正人 先生 日本大学医学部第1内科
    高橋 文夫 先生 高橋耳鼻いんこう科医院
    梅田 芳彦 先生 かわぐち今村クリニック(埼玉県川口市)
    矢崎 智子 先生 クリニックハイジーア (東京都渋谷区)           

   4.中 部
    小宮山 淳 先生 信州大学医学部小児科 
    浦野 房三 先生 篠ノ井総合病院リウマチ膠原病センター
    飯田 俊穂 先生 慈泉会相澤病院心身医療センター・心療内科              
    松本 美富士先生 (財)毎日成人病研究会附属診療所(毎日ドクター)内科        
    伴 信太郎 先生 名古屋大学医学部総合診療部            
    室 慶直  先生    同 皮膚科                 
   
   5.近 畿
    松原 英俊 先生 康生会武田病院 康生会クリニック (慢性疲労・FSS外来)   
   (注意)
    滋賀医科大学松原先生は2009年6月1日より医仁会武田総合病院に異動されました。
    その後、H24年1月10日から、京都駅から徒歩5分の康生会クリニックに診察場所が移りました。

    木谷 照夫 先生 市立堺病院
    岩瀬 真生 先生 大阪大学医学部精神科          
    山口 浩二 先生   同 医学部血液・腫瘍内科
    倉恒 弘彦 先生 大阪市立大学医学部 疲労クリニカルセンター(内科)
    田島 世貴 先生 大阪市立大学医学部 疲労クリニカルセンター(内科)
    松井 徳造 先生 大阪市立大学医学部 疲労クリニカルセンター(精神科)           
    田中 英高 先生 大阪医科大学小児科         
    高橋 励  先生 日本生命済生会附属日生病院
    松永 秀典 先生 大阪府立病院精神科
    清水 光明 先生 清水診療所 (心療内科 京都駅近く)
    渡邊 章範 先生 上本町わたなべクリニック(大阪市立大学付属病院総合診療科出身)
    鈴木 富美 先生 京都府京都市左京区 医療法人 鈴木診療所内科(アレルギー科)

  6.中 国 
    栗栖 薫  先生 広島大学医学部脳神経外科学
    下村 登規夫先生 鳥取大学医学部臨床検査医学           
    
   7.四 国 
    現在のところ登録されておりません。
 
   8.九 州
    増田 彰則 先生 鹿児島大学医学部第一内科               
    久保 千春 先生 九州大学医学部心療内科              
    三池 輝久 先生 熊本大学医学部小児発達学   



(参考文献)
大阪大学CFSホームページ
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/bldon/www/cfshome.html
の病院一覧に、インターネットで検索したCFSの病院と、実際行ってみてCFSの治療をしてくれた病院を追記して作成しました。 

日本疲労学会の学術集会から作成した、以下の病院一覧もご覧下さい。
各専門医のアプローチ方法が分かります。

慢性疲労症候群の専門医とその治療方法
この記事へのコメント
はじめまして、さいと申します。
rosemaryさんのブログを見て、おじゃましました。

私はCFSで、新潟県のさいがた病院に通院しています(それで「さい」というHNを使っています)。
慢性疲労外来があり、下村登規夫先生がご担当です。
おだやかでとてもよい先生です。

ご参考にされる方もいらっしゃるかと思い、コメントさせていただきました。

またおじゃまして、少しずつ読ませていただきたいと思っています。
Posted by さい at 2008年05月10日 15:31
さいさんへ

はじめまして、清です。

さいさんのコメントを参考にされて通院される方もおられると思います。
参考になる情報ありがとうございました。



Posted by 清 at 2008年05月18日 10:52

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。