2014年09月28日

かぼちゃパン

Evernote Snapshot 20141001 152928.jpg

★材料★

材料(4人分)
・ムソーオーガニック強力粉 300g
・白神こだま 酵母ドライ 3g
・ブドウ糖 (スイートキッチン) 21g
・水 135cc
・塩(南の極み) 4g
・塩ゆでしたかぼちゃ 90g

★作り方★
@かぼちゃの種と皮を取り、小さく切って塩ゆでする。
AHBに強力粉、塩、ブドウ糖、ドライイーストの順番で図り入れる。
B@をすすいでミキサーに入れて、水を入れてスイッチオン。
CBをレンジでチンして、42〜43度にする。
パン作りは温度管理が命。イーストは60度以上で死滅し、40度前後で最も活性化する。
ここで「人肌くらい」とか手で測って作ったら、見事に失敗しました。
そこで、カスタム 放射温度計 IR-303を使って計量したところ、成功しました。
イースト・酵母を使うパンの場合、必ず温度計は購入して下さい。
Bホームベーカリーの生地作りコースでコネと一次発酵をする。
使用したのは、象印BBSS10型12番コース(パン生地・ドライイースト・小麦コース)です。
以前に使っていたのはツインバードHBPYD536型生地作り9番コースです。
CHBから生地を取出して、17等分くらいにして、丸めて成形する。記事を引っ張る様にして閉じ目を下にする。
D天板にクッキングシート又はクックパーフライパン用ホイル30cmを敷き、その上に生地を間隔を空けて並べる。
Eヘルシオの下段ウォーターオーブン予熱なし40度で25分二次発酵させる。
F180度に予熱したオーブンで15分焼く

★胃に優しくするために工夫した点★
・牛乳とバターは胃の負担が大きいので、水に変更。
・砂糖は二糖類で消化に時間がかかるため、単糖類のブドウ糖に変更。頭痛がなくなりました。
・蜂蜜だと粘性の高い液体であるため膨ませるのが難しくなるので、ブドウ糖を使用しました。
・ムソーオーガニック小麦粉はアメリカ産のものです。今のところ、以下の材料では放射性物質アレルギーの症状は出ていません。
・ドライイーストにも添加物が沢山入っている物があって、私はその添加物がしんどいので、以下に紹介しているこだまの酵母にしました。
・捏ねる作業は逆流しやすいので、HBや捏ね機を使って下さい。
・放射性物質除染のため塩ゆでして下さい。

(参考にしたレシピと使用した器具・食材)
https://oceans-nadia.com/user/2/recipe/205
ノンオイル・ノンバターのパンとお菓子―油脂なしだから、ふとらない
(マイライフシリーズ 754 特集版) ムック – 2010/6/1
茨木 くみ子 (著)


ZOJIRUSHI ホームベーカリー BB-SS10
私はこのHBを購入しましたが、お勧めです。
国産小麦コース、米粉コース、ごぱんコース、天然酵母コースなど、材料に合わせたコースが選べる上に、任意の時間で発酵のみ、捏ねのみ、加熱のみが出来るので、レシピをアレンジしたい人にはお勧めです。
お値段も比較的良心的。


カスタム 放射温度計 IR-303


ムソー オーガニック 小麦粉(強力粉) 500g


白神こだま 酵母ドライ 10g×5包


パイオニア企画 白神こだま酵母ドライG 5g×8個


ブドウ糖 2kg スイートキッチン


南の極み
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406348515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。