2014年01月18日

豆乳キッシュ

キッシュ

★材料★
・豆乳200cc(豆腐でも可)
・卵1〜2個
・青菜(ほうれん草がお勧め) 適量
・塩 少々

以下お好みで
・カゴメトマトピューレ3倍濃縮 適量
・成城石井オーストラリア産モッツァレラチーズ 適量
豆乳ホワイトソース 適量

★作り方★
@ほうれん草をたっぷりのお湯で塩ゆでする(塩はオーストラリア産南の極み使用)。
Aほうれん草を水道水ですすいで、固く絞る。
B豆乳と卵と塩を混ぜ、グラタン皿に入れ、ほうれん草を入れる。
Cお好みでBに豆乳ホワイトソース、モッツァレラチーズ、カゴメトマトピューレをかける。
E180℃に予熱したオーブンで25分焼く。

★コメント★
・@Aは放射性物質の除染作業です。
・お塩はオーストラリア産南の極みというお塩を使っています。
・青菜はほうれん草が柔らかくて、キッシュにも合うしお勧めです。
・ホワイトソースはキッシュにかけなくても美味しいです。キッシュなしで、ホワイトソースにほうれん草入れたものもありですね。
・豆腐と卵を混ぜたものもキッシュ生地になります。良い豆腐を選べば豆腐の方が胃に優しいです。豆腐は消泡剤が入っていないものが良いです。添加物や凝固剤の種類・大豆の産地等によって全然症状が違います。
・豆腐と卵生地のキッシュは油分も少ないので、旦那さんのお夜食等にも使えます。ご家族分だけはベーコン、ブロッコリー、トマト、チーズなど入れてアレンジしても良いかと思います。逆流性食道用のレシピを簡単にご家族用にアレンジできると、自分が食べたくて食べれないものを作る苦労も減るかな。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385452979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。