2014年01月06日

ふわふわのバナナマフィン

★材料★
(バージョン1)
薄力粉140g
BP 小さじ2
ブドウ糖0〜50g(お好みで)
水又は豆乳125〜130cc
たまご1個
バナナ1本

(バージョン2)

バナナ2本(162g 皮なしで)
卵2個
ブドウ糖80g
薄力粉190g
BPこさじ2
水又は豆乳80cc

バナナマフィン

★作り方★
@オーブンを180度に温めておく。
Aバナナと卵と水をミキサーにかける。
BボールにAを入れて、上から粉類をふるい入れる。
Cゴムベラで切る様にさっくり混ぜる。
D生地を型に流しいれる(背の高いマフィン型(トールカップ)がお勧め。バージョン2はパウンドケーキ型でもフワフワに出来ました)。
Eバージョン1はオーブンに入れ35分、バージョン2は30分焼く。
爪楊枝を刺してみて、生地が付いてくる様だとまだ焼けていないので、再度数分焼いて下さい。
オーブンの種類や型によって焼き時間が変わってきますので、様子を見ながら焼いてみて下さいね。

★コメント★
・参考にした元のレシピは牛乳を使用しています。しかし、牛乳は胃に悪いので、松原先生はお勧めされていません。
牛乳よりは豆乳、豆乳よりは豆腐をミキサーにかけたもの、それよりは水が胃に優しいとの事です。
どの程度で症状がでるか、どこからセーフかは個人差があります。調理方法を工夫し、濃度と量を加減すれば、牛乳を使用しても症状がでない方もいますが、一口でアウトの方もいます。各自体調を見ながら、症状が出ない材料を選んで下さい。今は食べられない方も、1年も控えていれば、これくらいの濃度・量であれば症状出なくなりますので、一時だと思って一緒に頑張りましょう。
・牛乳を使うなら、四葉牛乳が飼料を外国産にかえたので、放射性物質汚染の心配が低くて良いと思います。
・豆乳は、カナダ産大豆で作った、紀文の「おいしい無調製豆乳」を使用しています。
・豆腐は、京都の久在屋の豆腐を使っています。外国産の大豆を使った物の方が放射性物質汚染の心配は低いですね。消泡剤が入っている豆腐は症状が出ました。
・ブドウ糖は単糖類なので二糖類の砂糖より消化器官の負担が小さいです。
・バナナと卵と粉類だけのバナナケーキよりフワフワに仕上がりました。

(参考資料)
バージョン1 http://cookpad.com/recipe/1120353
バージョン2 http://cookpad.com/recipe/501468

トールカップはこちら下矢印1

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384509241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。