2012年06月21日

初めて本ブログをご覧の方へ

《本ブログの紹介》

慢性疲労症候群と逆流性食道炎とアレルギーを併発した患者が、寝たきり状態から社会復帰するまでに回復した治療方法を掲載しています。

■逆流性食道炎の食事療法による慢性疲労症候群の回復

逆流性食道炎の治療をする事で、慢性疲労症候群の症状も回復させることができました。

逆流性食道炎の治療のコツは、疲れた胃と食道を休めてあげることです。胃が捻挫した状態をイメージして下さい。捻挫したときに無理に走ると骨折しますが、しばらく休めてあげると回復してきて、走っても大丈夫になります。休めるために、胃に負担がある食事を控えます。

□最初に読むと良い記事

逆流性食道炎の治療の効果

食生活の改善〜胃腸に悪い食べ物・良い食べ物

逆流性食道炎の症状〜あなたも逆流性食道炎かも?その判断基準〜

上記記事に当てはまる様でしたら、以下の治療ノウハウもご覧下さい。
私はこのノウハウでパフォーマンスステータス8から1に回復しました。
本ブログで紹介している専門医の予約・初診前に以下の治療方法を全てお読み下さい。治療効率が上昇し、回復が早まります。
また、性格や体質や症状の重さや状況に合わせて、それぞれの問題の対策を書いてる為、記事によって特色が異なります。一部の記事だけを飛ばし読みをせずに、全体を通読頂けますと、何が鍵で、どういうバランスで対処していくべきかなども見えてくると思います。是非、全体を読んでみて下さい。

逆流性食道炎と慢性疲労症候群の治療方法に関する目次

松原先生慢性疲労外来受診記録の目次

何を食べたらいいのか分からなくて困っておられる方のために、パフォーマンスステータス8から1に回復した胃腸に優しいレシピを紹介しています。

胃腸に優しい料理のレシピ・コツ(食事療法)に関する目次

■アレルギーの治療による慢性疲労症候群と逆流性食道炎の回復

慢性疲労症候群の方はアレルギーを併発していたり過去にアレルギー疾患があった方が多いです。
また、アレルギーの症状は胃や食道にも出ます。
私は以下のアレルギーの治療方法で逆流性食道炎も慢性疲労症候群も回復しました。

アレルギーに関する目次

■放射線対策

胃腸疾患の患者さんは放射性物質などの異物もその傷口から取り込みやすく、
アレルギー疾患の患者さんの半数には放射線が原因となる病状も出てきています。
私は低濃度被爆でも症状が出ましたが、以下の放射性物質対策で無事回復しました。

放射線対策の目次

■慢性疲労症候群の研究

慢性疲労症候群は人によって原因と有効な治療方法が異なります。私は逆流性食道炎とアレルギーの治療により慢性疲労症候群を治癒できましたが、その他のアプローチ方法を研究されている先生方もおられますので、以下に紹介します。
ご自分にあったアプローチが見つかり、回復に向かうことお祈り申し上げます。

慢性疲労症候群とそれに似た病気の研究に関する目次

■お問い合わせについて

現在ご質問に個別に返答するのが困難な状況にあります。治療ノウハウは本ブログの過去記事に書ききってございますので、以下の目次より該当記事をお探し下さい。


目次と概要


■注意事項

本ブログは患者の治療体験談を記したものですので、必ず専門医に相談頂き、ご自分の責任で治療をして下さい。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。