2011年12月31日

えんどう豆のスープ

DSC_0920.JPG

★材料★

えんどう豆 100g
じゃがいも 1個
水 ひたひたになるくらい
塩 適宜

★作り方★

(1)えんどう豆を鞘から出して洗い、塩茹でしてゆで汁を捨てて、水でよくすすぐ。
(2)ジャガイモを洗って皮をむいて芽を取り、塩茹でしてゆで汁を捨てて、水でよくすすぐ。
(3)(1)(2)と水をスープメーカーに入れてスイッチオン。

★ポイント★

放射性ストロンチウムはカルシウムに、放射性セシウムはカリウムに似ていることから、カルシウムとカリウムを多く摂取しておくとストロンチウムとセシウムの吸着を抑止できます。えんどう豆はカルシウムとカリウムが豊富です。

でも豆類は普通に食べると硬くて胃が痛くなったり胃もたれしたりします。
そこで、軟らかく煮てミキサーにかけ、ご飯と混ぜて濃度を薄めることで、胃の負担を軽くしてみました。

またストロンチウムとセシウムは水溶性なので塩茹でするとゆで汁に溶け出します。なので、(1)(2)の手順は必ず実施してください。

じゃがいもは、濃度を薄めてアレルギーを起こしにくくするために入れているだけなので、別になくてもいいです。

★効果★

・これを食べたところ、ストロンチウムが蓄積していると診断された脚の骨の痛みが和らぎ、セシウムが原因と診断された脚の筋肉痛も和らぎ、肩こりも楽になって、重かった体が軽くなりました。いろいろあるカルシウム食材の中で一番の効果を発揮しました。

・また、胃痛や胸焼け・胃もたれといった胃腸症状も出ませんでした。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242492893
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。