2011年11月20日

放射性物質の除染方法

これまでレシピを紹介してきましたが、これからは放射性物質の除染方法もその調理手順に加えた方が良いので、以下の方法を実行して下さい。

放射性物質が体内に入り、病気を発症するととても辛いので、その前に普段から気をつけて下さいね。

★除染方法★
(1)葉物野菜やきのこは塩1つまみ入れたお湯で湯がき、水にとり絞る。煮汁は捨てる。
  根菜もやや小さめに切って同様にする。(水分と一緒にセシウムが抜けて約30〜90%抜ける)。
(2)肉類や牛肉、豚肉、鶏肉全てゆでて煮汁を捨てる。
  塩に1〜2時間ほど漬け込んでから茹でると尚良い。
(3)魚類は酢と塩に漬け、表面が白くなってから茹でる。しかし骨は食べないこと。

★食材選定★
(1)放射線測定を行っている有機無農薬食品店や生産者の方から購入させていただくのも良いと思います。
  電話で問い合わせたところ「大地を守る会」では5ベクレル以上の放射能が検知された食べ物は宅配していないそうです。
(2)産地を選ぶのも大事です。私はある天然塩が原因で放射性ストロンチウムアレルギーを発症しました。
長野県産で1ベクレル以下で症状が出なかった農産物もあれば、九州産で下痢をした場合もあります。稲藁や海流などによる放射性物質の拡散と山脈によるブロックなどがひとつの原因です。海流による放射性物質の拡散状況は以下の様に海外のサイトで公開されています。
(3)イカ、果物やトマト、きゅうりは下処理しても除染しきれなかった。
(4)鮭やかつお等大きい魚の方が食物連鎖でセシウム濃縮・蓄積しやすい為避けた方が良い。
(5)回遊魚は収穫地だけでなく回遊地にも気をつけた方が良いです。
(6)海底にセシウムが溜まるので、深海魚や海底を這う魚(ヒラメやカレイ等)は避けた方が良い。

Radioactive-Seawater-Impact-Ma.jpg
太平洋の放射能汚染図
情報発行機関:http://www.asrltd.com/japan/plume.php

以下の書籍により詳しく紹介されています。

posted by 清 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射性物質対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。