2013年04月11日

自分に合う食事を見つける時の7つのコツ

☆ポイント1☆
・スタート方法には次の三つの方法があります。
 個人差が大きく、ミニマムスタートでないと社会復帰できない人もいれば、マキシマムスタートすらしなくても元気な人もいます。貴方がどれに当たるかは症状の重さや体質等によって違います。
 協力してくれる医師がいるか、早く社会復帰する為に早く治さないといけないか、そもそも自分が逆食かどうかすら分からないので簡易な方法でで試してみたいのか、食事制限が自分に有効なのを自覚しているか、継続性、精神力、自分が納得出来るかなど、価値感や状況によって最適な方法も異なるかと思います。
 それぞれ以下のメリットでメリットがあるので、体調をみながら、各自医師に相談しながら自分で考えて自己責任で選んで下さい。

(ミニマムスタート)
はじめの三日〜二週間おかゆや蒸しパン等胃腸の負担が小さい食事からスタートして、効果・体調をみながら徐々に食べる物を追加する方法(ミニマムスタート)
(メリット)
・プラスを増やすよりも、マイナスをなくす方が効果があります。
・限りなくマイナスをゼロに近づける事で、早く寝たきりから脱却できます。
・原因切り分けが簡単。他のパラメーターを固定して試したいものだけ変化させるので、何が自分に合ったかの判断が容易。
・ミニマムスタートしたはなさんでも、今では好きな物を食べても元気に仕事をしておられます。ずっと続けないと行けない訳ではないので、ご安心を。はなさんのブログ「これってなに?慢性疲労症候群!と胃食道逆流症!」をご参照下さい。
(デメリット)
・医師の診察がないと出来ない。
・簡単にはトライしにくい。
・栄養失調が心配という人もいる。

(マクシマムスタート)
最も胃に悪い食べ物(絶食効果の大きい食材)だけを抜く方法(マクシマムスタート)。効果・体調をみながら、必要と価値観に応じて胃に悪そうな物を減らして行く。
(メリット)
・他の方法よりは簡単にトライ出来る。
・栄養失調の心配は小さい。
・相当悪い食材なので、これを抜くだけでも大分症状は改善する。なので、自分が本当に逆流性食道炎か分からない場合のテスト材料の一つにも使える。
(デメリット)
・他にも自分に合わない食べ物が有る場合、これだけでは完治しないし、完治スピードも遅い。

(ミディアムスタート)
 その間を取って、以下の松原先生が配られているプリントを参考に、胃に悪そうな物を出来そうな範囲で抜いてみる方法(ミディアムスタート)
 出来れば、松原先生が胃に悪いと書いている食べ物は一切食べない方が良いと思います。どうしても「私には合っているもん」と思いたい方は、一度食べてみた時と食べなかった時の体調を比べてみて下さい。
ENIMAGE1354889491186.jpgENIMAGE1354889452699.jpg
(メリット・デメリット)
・中庸なので、上記メリットデメリットの出方が極端でない。
・一度に一つの因子を変えるミニマムスタートに比べて切り分けが難しいです。その分沢山データが必要です。日々食べたもの(食材、メーカー、原材料、原産地、調理法、量、時間帯、その後の過ごし方)と症状とメモしてください。それをご自分で分析して仮説を立てて、仮説と質問を一覧にしておくと便利です。そして、食事症状メモと仮説質問一覧を松原先生の所に行く時に持参すると良いと思います。普通の病院は赤字になるので見てくれませんが、松原先生は真剣に聞いて下さり、真剣に相談に乗って下さいます。診察時間は20分しかないので、仮説と質問一覧は必要です。ないと時間内に聞ききれません。それに、自分で原因解析できる様になった方が治りが早いので、先生に聞く前に自分で調査したり仮説を立てた方が良いです。

☆ポイント2☆
・食材単位で一つずつ試してください。
(例)
いきなり「ポトフ一皿」とかを試すのではなくて、今日は「じゃがいも」を試そう、という形で一つの食材だけを試してください。

(理由と効果)
・一つずつ食材を試すと、どの食材がOK/NGだったかの切り分けが可能になります。
(例)
いきなりポトフ一皿とかを試すと、その中ににんじんもじゃがいももコンソメも塩コショウもお肉も入っていて、どれが大丈夫でどれが駄目だったか分からなくなります。一方、ジャガイモだけを試した場合、それが合っていたかどうかの切り分けが容易です。

☆ポイント3☆
・今のご自分のパフォーマンスステータスに合ったトライをして下さい。

どのパフォーマンスステータスの時に何が食べられるのか、何がどれくらい胃腸に優しいかを示す凡その基本ルールはあります。

 しかしもちろん、個人差・体調差があるので、カスタマイズが必要です。私がPS1で食べられたものと、はなさんが食べられたものは違います。
参考まで、基本ルールと私が試した結果を逆流性食道炎の治療方法胃腸に優しい料理のレシピ・コツに幾つか紹介しています。はなさんもはなさんのブログ「これってなに?慢性疲労症候群!と胃食道逆流症!」に載せて下さっています。個人差がこれだけ大きいので、ご自分の体調を優先して判断して下さい。

(理由と効果)
PS8の人がいきなりPS1で食べられるようになった食事にトライするよりは、PS8で食べられるようになった食事にトライした方が、食べられる確率が高いですし、トライによる体調を崩す確率もぐっと減りますし、崩す度合いもぐっと軽くなります。

(例)
せっかく2週間小麦と水だけの蒸しパンで頑張って寝たきりから脱却できたのに、その直後にいきなりラーメンやポテトフライを食べてしまっては、また寝たきりに戻ってしまいます。そして「まだ食べるのには早かったか・・・」となります。ここで「まずはお味噌汁から試す」と、食べても大丈夫である可能性が高くなり、「新しく食べられるものが増えた」「体調も崩れなかった。逆流性食道炎も悪化していないし、回復してきている」と体調を崩さずに食べられるものが増えていきます。

☆ポイント4☆
・休みの前の日の昼までに試して下さい。
(例)
土日休みの方は土曜の昼までがトライアル期間です。

(理由と効果)
・回復するための期間を持てるので、仕事を休んだりするリスクを回避できます。
・休みの日であれば好きなだけ歩けますし、そのことで負担を軽減できるからです。

☆ポイント5☆
・1〜2週間に1度のトライにしてください。

(理由と効果)
・駄目だった場合、回復に3日〜1週間かかるのですが、毎日新しく食べられるものを探すと回復する時間がないので、病状が悪化しますし、3日〜1週間ごとに1回だと、回復が横ばいになってしまい、現状維持のままになってしまいます。一方、トライアルを1〜2週間に1回にしてあげて、回復して体調が上昇させることができるので、食べられるものも増加していきます。この様に、集中的に休んで早く病状を回復させてから、食べられるものを探した方が、結果的に早く沢山のものを食べられるようになります。
*回復にかかる時間は個人差があります。

☆ポイント6☆
・体調の良い時に試して下さい。

(例)
風邪をひいている時、ストレスがかかっている時、生理前や生理中、旅行の直後など、体調が崩れている時や崩す可能性が高い時を避けて下さい。

(理由と効果)
・体調が悪い時に食べられるかどうかを試すと、風邪の症状なのか、食事のせいかのか、原因きりわけが出来ないので、結局その食べ物が自分に合ったかどうかが分かりません。体調の良い時に試すと、その切り分けを簡単にすることができます。
・消化にはとてもエネルギーを使います。特に胃の負担が大きい食べ物だと、体にも負担がかかります。風邪を治す為の体力に取っておいた方が良いです。
・体調が悪い時に食べると、胃も弱っているので普段なら出ない症状が出てしまい、良い物も悪いという結果が出てしまう事があります。
・体調を崩している時は胃腸も弱っているので、まず休めてあげたほうがよいのです。休んで治ればまた食べられるようになります。
(例)
捻挫している時に走るようなものです。捻挫している時はまず休んで治すこと。治ると走れるようになります。

☆ポイント7☆
・アレルギーがある方は、血液検査である程度アレルギー物質を調べることができます。
ただし、血液検査で陽性反応が出なくてもアレルギー反応を起こす食べ物もあるので、症状の方を信じて下さい。アレルギー反応が出た食品は、避けてください。

(理由と効果)
・アレルギーと言えば皮膚炎と鼻炎が有名ですが、実はアレルギーの中には頭痛や倦怠感や吐き気など慢性疲労症候群や逆流性食道炎に似た症状を起こすものもあります。
・食べてトライしなくても検査で分かるので、食べて失敗して体調を崩すことがなく、その分の体力を他の食材にトライすることに使えます。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200908056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。