2014年11月05日

栄養失調恐怖症の方へ

1 治療の基本と栄養失調恐怖症
 逆流性食道炎の方は、食道や胃が捻挫した状態にあります。この状態で健康な人と同じ量を食べるのは、捻挫した足に湿布を貼ってマラソンを走るようなもの。かえって胃を壊して、より消化できなくなってしまいます。
なので、しばらく胃を休ませてあげる事が大事です。そのため、しばらく胃に負担が強い食べ物を食べない事が治療の基本になります。
 しかし、栄養失調恐怖症に陥っていて、「栄養を取る為に胃の負担が高い物を食べてしまい、胃が荒れて、その結果吸収率が下がって栄養失調になる」というループにはまってしまい、その休養ができない方がおられます。
 
2 対策
(1)専門医のサポート
 特に、鬱病等の精神疾患を併発している場合や、神経過敏症等の場合には、このループにはまりやすいようです。
自分で自制できないくらい過敏に反応してしまう場合や、他の人に比べて異常に恐怖を感じる場合は、精神疾患の併発や神経過敏症の可能性があります。
 その場合、自力で脱出することは困難なので、松原先生と精神科に行ってサポートを受けて下さい。
周囲の協力、特に専門医の協力は必須です。

(2)客観的分析
 また、精神的に辛い時は、感情と感覚に流されるのではなく、信頼できる客観的データを分析して乗り切ることも大切です。

 その際の客観的データとして一番お勧めなのは、血液検査と体調です。
特に、栄養状態については、血液検査等の検査をすることをお勧めします。
必要な栄養量は個人差が大きいため、血液検査をしないと正確な事は分かりません。

 一日に必要な栄養素を示す栄養学というものもありますが、これは注意が必要です。
そもそも、栄養学は統計値で算出されているものが多く、個人差が考慮できません。また栄養学は元々は西洋人をベースにして定立された学問なので、日本人にはそのまま当てはめると不整合を起こすこともあります(例えば、日本人には牛乳を消化する酵素がない人が多い、アメリカ人のSサイズは日本人のLサイズなど、西洋人と日本人の差異があります)。
 胃が健康な人を基準にして作られた栄養学で勧められる食事量を、逆流性食道炎の方がそのまま食べると、胃を悪くして吸収率が低下し、かえって栄養失調になってしまうこともあります。
 私の親は栄養学を元に算出した栄養価が含まれた食事作り、きちんと食べる様に私を教育しました。子どもの為を思いしてくれたことではあるのですが、残念な事に私にはその量が多すぎて、逆流性食道炎になり、今に至ります。
病気が分かった後も、親は「栄養を採らないと行けない」という思いが強すぎて、私のお粥にちょこちょこっと出汁を入れたりして、それが原因で体調を悪化させた事もあります。良かれと思ってしてくれたことですが、その時の私の体調には合っていませんでした(それ以降は回復してお出汁は平気になりましたよ)。
 この様に、栄養学だけを信頼することは、かえって逆流性食道炎を悪化させる原因にもなるので、一定の距離感が必要です。

統計的栄養学よりは、今の自分の体調を見る、と言う事が一番大事です。
 
 なお、それ以降は、私は自分の食事は自分で作って、何を食べるか食べないかも自己責任で管理しています。
「なにを食べたらどういう症状が出た」という小さい変化は、自分が一番気付きやすいからです。
そして、風邪等の時でどうしても家族に頼らないといけない場合には、「今の体調だと、これはまだ無理であと3ヶ月は食べられない。でも、これは大丈夫。」ときちんと説明した上で協力をお願いするようにしています。
期間がついている事、代替品があることで、栄養失調が心配な家族も多少理解してくれて、協力してくれるようになりました。
また、まめに血液検査を受けて、それを定期的に見せているので安心したのだとも思います。
これは、栄養失調恐怖症の方が自分の中の恐怖心と付き合う方法にも共通すると思います。

 以上より、一番大切なのは、栄養学よりは、ご自分の今の体調や、ご自分の血液検査のを見て判断する方が良いと言う事です。その方が正確かつ適格にご自分の状況を把握できます。

(3)調理方法の工夫
 栄養失調恐怖症のループにはまっておられる方に、「胃を休める為に胃の負担の高い食べ物をしばらく止めてみて」というアドバイスをしても、栄養失調の恐怖から、それが出来ません。
中には、「食べるな」と言われることにより、逆にさらに食べてしまう方もおられます。
でも、実際には、そういう方が一番苦しんでおられるんですよね。だから、そういう方こそ何とかして助けたいです。

 そういう場合には、無理してリバウンドするよりは、自分が無理なく継続できる範囲で、調理方法等を工夫するという方法が合っているのではないでしょうか。
 例えば、加熱する、ミキサーにかける、濃度を薄める、といった調理方法の工夫等です。
 また、うどんなどの麺類(胃の負担大)をおかゆ(胃の負担小)にかえるなども有効です。栄養価的にはおかゆもうどんも大差ないのに、消化スピードはお粥の方が早いので。
同様に、乳製品(胃の負担大)を高野豆腐やエンドウ豆(胃の負担小)に代えて、胃を痛めずにカルシウムを採るなどの方法もお勧めです。
 胃の負担が小さい食材・調理方法に代える方が、吸収率もアップするので、栄養状態は良くなりますよ。
 胃の負担を押さえつつ栄養を取れる100個以上のレシピを紹介しております。アレンジのコツも紹介しておりますので、ご自分の体質に合わせたアレンジも可能です。一度ご参照下さい。
 こうした工夫でも、胃痛・疲労感等は取れて、体調は大分回復します。
なので、上記調理方法の工夫と素材選定の工夫を一度御試し下さい。

 また、ご自分でも、新しく貴方にあったレシピを開発して見て下さい。
 そして、他の患者さんも助かるので、それをブログやクックパッドで公開してください。
 レシピを開発する際には何回か失敗したり食べて体調が悪くなる事もあります。
ですが、それも重要な知見です。「どれくらいのPSでどういう体調の時に、なにを食べてどんな症状が出たか」、という情報も是非公開して欲しいです。
失敗は、成功の元なんです。後は解決策を考えるだけだからです。 
逆にブログのコメント欄で他の方から「こうすれば治ったよ」と解決策のアドバイスがもらえることもあるかもしれません。ご自分で解決策を見つけたらそれを公開して下さい。
そうした情報共有によって、「PS○の時は〜は駄目だけど、こう言う工夫をしたら大丈夫だったんだ。若しくはPS〜まで回復を待てば、症状が出なくなるんだ。だから今辛くても頑張ろう。」と思える患者さんも出て来ます。
情報共有によって、患者さん同士助け合えると良いですね。

 栄養失調の恐怖と食欲も、前向きに使い、適正に制御できれば、他の患者さんを助ける原動力にもなるし、お互いの治療も進むかと思います。

2014年11月09日

アレルギーと逆流性食道炎と抜け毛(縮毛矯正編)

 原因不明で抜け毛が増えて、困っていましたが、原因と対策が特定できました。
同じような理由で困っている方の参考になればと思い、情報共有します。

 まず、適切な対策を把握するには原因を究明する必要がありますので、原因切り分け方法について書きます。

(原因切り分けの方法)
1 自分の過去の経験から髪が抜ける原因となりそうな物質(体質に合わないもの。胃に悪かったものとアレルゲン)を除去してみて、髪が抜ける量が減るかを検証
2 一般的に髪が抜ける原因となりやすい物質(一般的に胃に悪いとわれている食べ物、一般的にアレルギーを起こす人が多いアレルゲン)を除去してみて、髪が抜ける量が減るかを検証
3 髪が抜け始めた前後で生活習慣・環境変化がなかったかを思い出し、原因と対策を仮定し、実行して検証

(原因切り分けのプロセス)
@ 逆流性食道炎やアレルギーが原因で髪が抜ける事もあるので、最初はそれが原因かと思い、思い当たるアレルゲンを除去し、胃に悪い食材を抜いたりしました。
 まず、食事が原因かどうかを切り分ける為に絶食をしてみたり、食べた物と髪が抜ける量を記録して、比例関係があるかどうかを調べたところ、ありませんでした。なので、食事以外が原因だということが分かりました。
C 次に疑ったのは服用していた薬。それをしばらく止めてみましたが、髪の抜ける量に変化なし。これも原因から外されました。
B シャンプーやリンスにアレルギー反応を起こしている可能性も考えて、違うものに変えたり水洗いに変えてみたりしましたが、結果は変わりませんでした。なので、これらが原因ではないと言う事が分かりました。
C そこで、抜け毛が増えた前後で変化した生活習慣や環境変動因子を考えました。
 その時季からPM2.5が増え始めたのですが、外出時には帽子を被っていたし、去年まではPM2.5が来ても髪が抜けると言う事は無かったので、これも原因から外しました。
D さらに、その時季から部屋着をジーパンと化繊のセーターにしていました。インディゴの染料と化繊はアレルギーを起こす人が多いので、それを着なくなったら抜け毛が半分くらい減りました。しかし、以前に比べると抜け毛が多いままでした。
 まだ他に原因が残っているはずだと思いました。
E丁度抜け毛が増え始めたのが縮毛矯正の後からです。
 実は、縮毛矯正に失敗されてしまい、ビビリ毛になりました。
別の美容院で当て直したところ、縮毛矯正自体は綺麗にかかりました。
 しかし、縮毛矯正の液体にアレルギー反応を起こし、頭皮が痛んでしまいました(アレルギー科での診察結果です)。アレルギー科で「今は体調が良いから縮毛矯正をあてても良い」と言われたので美容院に行ったのですが、さすがに2回失敗されて3回も縮毛矯正をあてる事になったのは応えたのでしょう。
 また、髪も縮毛矯正の失敗が原因で痛んだ状態(ビビリ毛)で、絡まりやすくなっていました。
そして、美容院で、「髪を洗った後にすぐにドライヤーで乾かした方が髪が痛まない」とアドバイスされたので、言われた通りしていたのですが、その日から抜け毛がひどくなりました。しかも、抜けるのは濡れた髪を乾かす時だけです。
 髪を洗った直後は毛根を包む頭皮が開いており、抜けやすい状態になっています。そこに、からまったビビリ毛を手で解きほぐそうとすると、力がかかり、抜けるのではないかと仮定しました。
 元々、櫛は使わずに、手櫛で優しくときほぐしていました。しかし、縮毛矯正で痛んだ地肌で、かつ、洗ったばかりで毛穴が開いた状態の地肌には、それでも堪え難い力だったのだと思います。
 そこで、洗ってから1時間タオルを頭に巻いて放置し、毛穴が閉じるのを待ってからドライヤーをかけることにしました。その際に、髪がからまっても手でときほぐさず、ドライヤーの風で自然にほどけるのを待ちました。それでもほどけなかった髪は、その部分だけカットしました。
 すると、その日から抜け毛がぐっと減って、縮毛矯正以前の量に減少しました。
仮説Eは正しかったのです。
 なお、これでも駄目な場合、髪を少しずつ短くカットしようと思っていました。髪を短くすると、髪に染み付いた縮毛矯正の液体の影響を最小限に抑え、かつ、ビビリ毛による絡まりを防止する事が出来ると思ったからです。しかし、そこまでせずとも、絡まったビビリ毛だけを部分的にカットすることで回避できたのは幸いでした。

(髪が抜ける原因と対策まとめ)
 アレルギーや逆流性食道炎で髪が抜ける事があります。
私が過去に経験した原因と対策をリストアップしておきます。抜け毛に困っておられる方は参考にしてみて下さい。
基本は、原因を除去することが最大の対策です。
そして、原因物質によって弱まった状態にあるので、刺激を控えることも二番目に重要な対策です。
@漢方が体に合わずに、抜け毛が異常に増えた右矢印1漢方の服用を止めてしばらくたったら抜け毛がなくなりました。その後すぐ髪の量は増えました。
Aバナナ蒸しパンがその時の私の体には負担で、抜け毛が増えた右矢印1バナナ蒸しパンを止めたら、抜け毛がなくなりました。
Bジーンズの染料と化繊100%のセーターにアレルギーを起こし、抜け毛が二重右矢印1この二つを部屋着にしていたのですが、これを着なくなったら、抜け毛が減少しました。
C縮毛矯正の液体にアレルギー反応を起こし、頭皮が痛んだ。縮毛矯正失敗によりビビリ毛になった髪が絡まった。お風呂から上がってすぐの、頭皮が柔らくなり毛穴が開いた状態で、ドライヤーで乾かしながら、絡まった髪を指で優しく解きほぐそうとした結果、抜け毛が増えた右矢印1お風呂から上がった1時間待ってから髪をドライヤーで乾かし、絡まった髪はドライヤーの風圧のみで解きほぐし、絡まりが取れなかった部分のみはさみでカットした。その結果、抜け毛がなくなった。

(縮毛矯正について)
 縮毛矯正の失敗が起因なので、それを防止するための方法を紹介します。
今回縮毛矯正を失敗された原因は、客の髪質に合った縮毛矯正の液体を選ぶ事が出来なかった事が原因です。
髪質に合った液を選ぶ為には、液の成分と各分子の機能と副作用を把握し、どの髪の状態だとどの液が最適かを把握する技術が必要になります。
又、客の髪質に合った液を選ぶ為には、それだけの液の種類をそろえておく必要があります。
複数のメーカーを各種類常備している美容院を選ぶ必要があります。
また、縮毛矯正の失敗を客の髪質のせいにせずに、客の髪質に合った液を選び施術をする技能を磨こうとしている美容師を選ぶことも重要です。
そして、縮毛矯正に失敗した時に原因分析をして解決策を立案している美容院でなければいけません。
店員が失敗した際に、責任者たる店長が出て来てアドバイスをしている事も重要です。
縮毛矯正の技術習得には10年かかると言われているので、若い美容師さんが一人で施術している美容院は注意が必要です。それよりは、ベテランスタッフにアシスタントさんがついて、2〜3人一組で回している美容院の方が管理指導が出来ると思います。一番良いのはベテランスタッフさん一人に施術してもらうことですが。
こういう管理指導体制、在庫、美容師の意識、知識、技術がある美容院を選んで下さい。
これらがある美容院か把握するために、初回でいきなり縮毛矯正をしてもらうのではなく、何回かカットしてもらって吟味してから行った方が良いです。
ネットでの口コミは、良い口コミしか投稿されないよう管理されているので、地元の友人からの口コミが良いと思います。
あと、ここまで管理体制在庫体制を整えるのにはある程度コストもかかるので、1万円以下の格安のお店は危険度が高まると思います。高ければ良いと言う訳ではありませんが、安い液体を使って人件費も安く済まそうとすると、どうしてもビビリ毛になりやすくなるので。

(参考記事)
髪と食事療法
体調不良の脱却方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。