2014年02月03日

薄力粉とBPで作るピザ

★材料★
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
ブドウ糖 小さじ1
塩(南の極み) 7振り(3g)
水 100cc
カゴメトマトピューレ 適量
成城石井オーストラリア産モッツァレラチーズ  適量

★作り方★
@オーブンを250度に予熱を開始する。
Aボウルに粉類をふるい入れて混ぜ、水を加えてゴムベラで切る様にさっくりまぜる。
Bスプーンでクッキングシートに乗せ、直径18cmの円形に伸ばしてトマトソースやチーズを乗せる。
C天板に乗せ、温まったオーブン下段で約10〜13分焼く

★コメント★
・イーストを使ったピザはおいしいのですが、生地を練るときに逆流しやすいので、簡単にできるレシピを選びました。
・発酵がない分すぐできるので、食事を採れる時間帯が決まっている我々には有り難いですね。
・もっちりさくっとした食感は胃の負担が大きいので、ふわっとした食感の生地を選びました。

(参考資料)
http://cookpad.com/recipe/1860447

2014年02月22日

エンドウ豆の蒸しパン

エンドウ豆
★材料★
薄力粉100g
BPこさじ1
塩2g
エンドウ豆30g
水 105cc
卵 0~1個

★作り方★
@エンドウ豆を塩ゆでして流水でよくすすぐ(放射性物質の除染作業です)。
Aエンドウ豆、水、卵をミキサーにかける。
Bボールに粉類をふるい入れる。
CAをBにいれてゴムベラできるようにさっくり混ぜる。
D耐熱容器に8分目まで入れて、ヘルシオ蒸し物コース強で25分蒸す。

★コメント★
・エンドウ豆はカルシウムカリウムも豊富なので、放射性物質対策に良いです(汚染されていないものに限る)。
・陶器の塗料が良いか分からないので、陶器のココット型よりガラスの耐熱容器が、塗料の心配が無い点でお勧めです。
・ふくらみが一番良いのは背の高いマフィン型(トールカップ)です。
生地がフワフワに膨らむのは、
@小麦粉のグルテンが鉄筋コンクリートの様に支える力と、
A膨らませる力から成ります。
Aの膨らむ力には、ベーキングパウダーや水が蒸発する力、卵の泡立て等以外に、型の力があります。
小麦粉は型の淵をのぼって膨らむのです。
底面積に対して側面積が大きい型の方が、小麦粉がつかまりやすくなるので、フワフワに膨らみます。
BPや卵などの力で膨らませようとすると、それに合わない方は体調を崩してしまう危険がありますが、型を代えるだけならそうしたリスクが低いし、簡単です。
なので、トールカップがお勧めです!

トールカップはこちら下矢印1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。