2013年06月01日

癌の名医と免疫療法

 慢性疲労症候群とは関係がありませんが、癌の名医を紹介します。
余命6ヶ月と言われた知人がクリニックサンルイの三石先生の免疫療法で画期的な回復をし、職場復帰までしました。

 がん細胞を取り出して自己の免疫機能に癌を攻撃する様教えて、自己の免疫で治す治療法だそうです。
それにはがん細胞が必要なので、手術で摘出したがん細胞か、血液が必要です。
抗がん剤投与前の血液の方が摂取率が良いらしく、一回の摂取で多数の治療薬が作れるそうです。
なので、癌が発見されたらすぐに行って下さい。

 体調が悪い時にこうした情報を収集するのは大変なので、もし知人に癌の患者さんがおられたら、周囲の方が情報を提供してあげて下さいね。

名 称医療法人 クリニックサンルイ
住 所〒607-8011
京都府京都市山科区安朱南屋敷町35番地 木下物産ビル(山科ラクトD棟)4階
TEL・FAX・E-mailTEL. 075-583-6866 / FAX. 075-583-6857 / E-mail: info@cslk.jp
診療時間平日 月曜日〜金曜日 AM9:00〜PM5:00休診日土日祝日
http://www.cslk.jp

2013年06月10日

香料による病気

 慢性疲労症候群の原因の一つに化学物質過敏症があると言われています。
化学物質過敏症とは、化学物質に対するアレルギー反応の事です。
例えば、香料アレルギーです。
 
 最近アロマの入った洗剤や外国産の匂いの強い洗剤が増えて来て、その香料のため外出できなかったり、就業できない患者さんも沢山居ます。
アレルギー反応の場合、最悪死亡する事もあります(アナフィラキシーショックなど起こして)。

 たまに「単なる気にし過ぎの人」と勘違いする人がいるようですが、これは免疫反応です。
 心臓発作、呼吸困難で死亡したり、後遺症が残ったり、寝たきりになったり、就労不能な程度の倦怠感、頭痛、吐き気、めまい等様々な症状に苦しみます。軽症の方でも、これだけ香料が蔓延していると、疲労感と頭痛と吐き気めまいを抱えながら日常生活を送らざるえなくなります。

 慢性疲労症候群の発症の契機となることもあります。あるCFS患者の方は電車の中で整髪料の強い人が近くに座り、その香料を契機に慢性疲労症候群を発症しました[1]。

 香料はマスクでは防ぎきれません。
なので、周囲の人に香料入りの洗剤を使われて退職を余儀なくされる人もいます。
重症の方だと、就業を諦めて自宅で避難生活していても、家族やお客さんの香料にショック状態になり意識障害を起こして救急車で運ばれた方も居ます

 湿疹と言う形で出る方はすぐアレルギーだと気付くのですが、心臓発作だったり、意識障害、呼吸障害、慢性疲労症候群と同じ様な症状(疲労感、倦怠感、めまい、吐き気、筋肉痛、集中力低下等)が出る事もあるので、気付いてないけど実は香料アレルギーという方も居ます。
 
 なので、皆さん香料の入った洗剤、整髪料などを使わない様に、買わない様にして下さい。
自分の使った香料のせいで寝たきりになる人が出るのは嫌ですし(訴訟になりえますし)、自分や家族が発症する危険性があります。特に患者さんから困っているとの声が多い、アロ○リッチ、ダウ○ー等の強い香料入り洗剤・柔軟剤は買わない様にしましょう。

ちなみに、A社の調査では、香料は臭いと思う人の方が多いと言う統計データが出たそう。
それで無臭を売りにしているメーカーもあります。

香料入りの製品は買わない・使わない・無香料のエチケットを。
メーカーの方も無香料の製品を開発して下さい。

女性クールビズ「香り」推奨を撤回 環境省、文書も削除
 環境省が今夏初めて「女性のクールビズ」を提案し、洗濯の時に使う香り付き柔軟剤や制汗剤を薦めたところ、「香料などの化学物質で体調を崩す人を増やす」と市民団体が撤回を求めた。環境省は配慮の必要を認め、削除作業を進めている。

 「女性のクールビズ」は先月20日に発表。ファッションなどの事例とともに、汗やにおいへの対策として「香り付き柔軟剤」「制汗剤、冷却スプレー、汗ふきシート」を挙げた。

 これに対し、農薬や化学物質の安易な使用に反対する「反農薬東京グループ」など3団体が3日、撤回を求めた。室内や電車、バスで、柔軟剤などのにおいで具合が悪くなる人が出ることや、化学物質過敏症の患者が外出しにくくなることが考えられると指摘した。


(出典)
[1]危ない!「慢性疲労」 (生活人新書) [単行本]
倉恒 弘彦 (著), 渡辺 恭良 (著), 井上 正康 (著) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140881216/yukaisuteki-22/ref=nosim
[2]朝日新聞デジタル 【編集委員・大村美香】http://www.asahi.com/national/update/0608/TKY201306070484.html



2013年06月13日

ウォーキングのタイミング

 ご質問があったので、記事にて返答します。

Q1ウォーキングは理想の時間帯などもありますか?

A1
@食べた直後
 ウォーキングの目的・効果は消化を促す事にあるので、食後が一番良いと思います。
私は昼食の後、昼休みぎりぎりまで毎日歩きました。15分〜20分歩いた頃にお腹がごろって鳴って軽くなる感じがしました。感覚としては一部が胃から十二指腸に移動した感じです。お昼休み長く取れないときでも、5分でも歩くと違いましたよ。家にいるときは、食後に室内でぐるぐる回って歩いています。
 仕事の効率が全然違います。14時〜15時に眠くならないんです。

A食後2〜3時間
 あと、食後2〜3時間が一番胃散が多い時間帯だそうなので、この時間帯に歩くのも良いと思います。
胃散が多い時間帯は個人差がありそうですが、酸っぱいものが上がってくる、にがいものが上がってくる感じがしたり、胃もたれがしたり、胃が痛かったり、眠くなったり(昼食を12時〜13時に食べて14時〜15時の間眠くなりますよね?胃散が原因です。)、集中力が低下したり、倦怠感がしたり、筋肉痛が重くなったり、とにかく症状が出ているタイミングが胃散が多い時間帯だと思われます。

B夕食後
 夕食は一番睡眠に関与してきます。
朝食べた物は寝る前には消化しきっているのですが、夕食は残る方が多い様です。私が一番体調が悪かったときはお粥一杯消化するのにに12時間かかっていました。
体調や歩く量食べた量や種類によって消化時間も変化するので、予測が結構難しいです。
歩くと消化が早くなり、寝るまでに消化が完了する事が多いです。
なので、夕飯後に歩く事は良いと思います。

Q2 一日一万歩との事ですがこれは、一日の間に分割するよりはまとめて歩いた方がよいでしょうか?

A2
 食べた直後から食後3時間の間に歩くのがベストなので、3食食べるなら食後三回に分けて歩くのが良いと思います。
 一気に一万歩歩けるならそれも良いのですが、結構脚が筋肉痛になって翌日歩けなくなったりするので、うまく休むタイミングを取るのも有益かと思います。
 とはいえ、まとめて沢山歩きたいなら歩いて良いと思います。
その日の予定とかもあるでしょうし、体調に合わせて動きたい時間帯もあるかと思います。
ご自分の体に聞いて下さい。
 私は普段は夕方とかの胃がうっとなった時に歩きます。
一方、遊びに行った日は、一日歩き通しで1万4千歩〜2万歩とか歩きます。筋肉痛が大変ですが、消化はとても進みます。物はかなり選びますがスフレチーズケーキとかシブーストを食べても平気な位です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。