2050年01月01日

[TOP固定] お問い合わせと本ブログについて

★お問い合わせについて★
 現在、お問い合わせには返答する事ができません。ただし、例外的に、どうしても困っている方のみ、注意事項を厳守してだいた場合には、返答することがあります。その際は、過去の全記事をご一読の上、本ブログとお問い合わせについてに記載されている注意事項をご確認いただき、ご承諾頂いた場合は、そのコメント欄から書き込み願います。その際に、所定の記入事項@〜Dをご必ず記入下さい。

★注意点★
 参考の為、一般論と事例を掲載しておりますが、個人差もあります。
体調を見ながら、専門医に相談の上、今のご自分に合った食事を探してください。
また、必要な栄養量も個人差がございますので、必ず定期的に病院で検査を受けて下さい。血液検査等や人間ドッグ等でお近くの病院でも検査出来ると思います。
 
 治療方法を試す前に、まず全記事を読んで下さい。一部の記事だけ読んで誤解された方がおられたのですが、全体でバランスを取っていますので、全部通読してからお試し下さい。
 ご質問の前にも、必ず過去記事を全部ご一読願います。

 承認後一週間以内に返事がない場合は、本ブログとお問い合わせについての注意事項をご確認の上、記入し直して下さい。注意事項を全て遵守して頂ければ、返答いたします。

*周知のためトップページに表示される様固定しています。新規記事はこの記事の後に公開されます。

2016年03月25日

アレルギーの赤ちゃん用粉ミルク

注意
この記事は最後まで読んでください。うまくいった場合の効果は非常に高いのですが、何個か勘違いしやすい重大な落とし穴があり、半端に真似するとかえって体調が悪化するリスクがあります。
そのリスクとリスク回避方法を記載しておりますので、最後まで読んでからお試しください。

★松原先生推奨のウォーキングとアミノ酸★
筋肉をつけるため、松原先生から味の素のアミノバイタル・チュアブルタブレット・顆粒を運動直後30分以内にとることを勧められました。

松原先生お勧めの運動方法は以下の通りです。

⑴3分間速歩→⑵3分間ゆっくりだらだら歩く

(1)→(2)→(1)→(2)と2回以上繰り返して、散歩が終わったら、直後(30分以内)に吸収の良いタンパク質またはアミノ酸をとること(原本は牛乳ですが、松原先生の患者さんはサプリメントで)

運動直後に摂ると、筋肉疲労が起こりにくくなる。
運動直後に摂ると、筋肉疲労回復が早くなり、数倍筋力がつく。

週に3回程度で筋力維持・向上の効果があるそうです。

★問題点★
しかし、味の素のアミノバイタル(顆粒)、その他のアミノ酸サプリを試したところ、アレルギーを起こしてしまいました。

*注意*
アレルギーを起こすと、分かりやすい湿疹や皮膚が赤くなる、痒くなる等の反応以外にも、胃痛、頭痛、筋肉痛、発熱等の反応が出ることがあります。
アレルギーは免疫反応なので、風邪の症状と類似の症状が出ることがあるのです。
またアレルギーはアレルゲンに免疫細胞が反応することで起きるのですが、全身に免疫とアレルゲンが駆け巡り、現在欠損がある部位にアレルゲンが間違って取り込まれたり、弱っている部分を守ろうと免疫細胞が頑張ったりするためか、弱っている部位に症状が出ることが多いそうです。
そのため、胃腸が弱っていたり、筋肉が弱っている人は、胃腸や筋肉に症状が出ることがあります。
ですので、アトピーがないけども、アミノサプリを飲んだ後に、胃痛がする、筋肉痛が重くなるといった症状が出た場合には、アレルギーの可能性があります。
また、最初はアレルギーは無くても、飲んでいるうちに徐々にアレルギーを発症することもあります。
最初は筋肉痛軽減に効果があったけれども、続けているとどうも筋肉が重くて仕方ない、なぜかアミノサプリを飲んだ後胃痛がするようになったなどの変化が出た場合、一度アレルギーを疑ってください。
筋肉痛がひどいと、アミノサプリの増加を検討されるかかもしれませんが、それがもしアレルギーが原因であった場合、大変なことになるので、増加前にアレルギーの専門医に診断してもらってください。

★原因★
原因⑴ :アミノ酸の精製が適当
アレルギー科医に聞いたところ、大人用のサプリはアミノ酸の精製が適当なものが多く、それが原因でアレルギーを起こす人が非常に多いそうです。

本来、100%精製された必須栄養素に対してはアレルギーを起こさない(起こした場合、必須栄養素が摂れなくなり死亡する)のですが、100%の精製というのは現在の科学では困難なのです。
特に、タンパク質の精製は、無機物に比べて、複雑で難易度が高いのです。物性の研究も、無機物の方が最初に発達して、バイオテクノロジーと言われる有機物の研究は後から伸びていますよね。それは、タンパク質等の有機物の研究の難易度の方が、無機物のそれに比べると高いからなのです。
また、高度の精製にはその分コストもかかります。
子どもに比べて大人は食物アレルギーを起こす人が少なく(たまに勘違いするお医者さんがおられたのですが、大人でも食物アレルギーを起こす人はゼロ人ではありません。)、アミノサプリは筋トレ用に屈強で健康な人が飲むことが多いため、費用対効果の観点から、アレルギーに対してそこまで配慮されていないのです。

アレルギー科の医師には、実験用の比較的純度の高いアミノ酸であっても、アレルギーを起こさない程度の精製度には到底満たないため、やめておいた方が良いと止められました。
実験用のアミノ酸も解析してみると不純物が結構含まれていて、不純物の研究をするときは研究者が自分でかなり精製しないといけなかったりするので、実はそこまで純度が高くないというのもあるようです。
もともと人が飲むようには作られていないので、アレルギーがある人間が飲んで大丈夫か検証していないですしね。

「でも、成分表示にグルタミン等のアミノ酸の名称が書いてあるし、アミノ酸なのでは?」と疑問に思われる方もおられるかもしれません。
ですが、食品表示法等による法規制がまだそこまで厳格ではないのです。
メーカーによっては、飲んだ人の胃腸で消化した後の栄養量が記載されているものもありました。
原材料を全て書いている食品は少なくて、メーカーに問い合わせたら実は・・・というのは割とあります。

AJINOMOTOのHPに、アミノ酸の原材料と精製方法について掲載されています。
この製造に用いた原材料や残留物質について、特にアミノバイタルの原材料の表記には記載されていないですよね。

AJINOMOTO>HOME 知る・楽しむ アミノ酸大百科 アミノ酸を詳しく学ぼう! アミノ酸の製法について
https://www.ajinomoto.co.jp/amino/manabou/seihou.html


もともとタンパク質にアレルギーを起こす人はとても多いですよね。
半端に精製したタンパク質というのは、精製されて小さくなることで吸収率と濃度が上がるため、アレルギー体質の人が摂取するのは非常に危険です。
精製する途中でできる中間物質にアレルギーを起こすこともあります。子どもにアレルギーが多いのは、消化器官が未発達なので、未消化の中間物質を誤って吸収してしまうからだと言われていますよね。
中途半端に精製した食品というのは、そうしたアレルゲンが高濃度に凝縮し、小さく吸収されやすい状態になるため、危険なのです。
私が過敏だからというわけではなく、多くの人がアレルギーを起こしているので、私が通っているアレルギー科では摂取を禁止しているそうです。

原因⑵ :添加物
また、アレルギー科の医師によれば、記載していない添加物がたくさん入っていることも多いそうです。
アナフィラキシーショックを起こした患者さんがいたので、アレルギー科のお医者さんがメーカーにお願いして原材料を全て送ってもらったところ、
記載されていない原材料がたくさん送られてきたそうです。

アレルギーの観点から見ると、法規制がまだまだ甘いのです。

味を良くして飲みやすくするために、香料やココアや抹茶など色々添加しているアミノサプリが多いです(ココアと抹茶はアレルギーがなくても胃に悪い食材であるとされています)。また、水に溶けやすくするために色々添加したりしているものもあります。
アミノバイタルはココアや抹茶は入っていないのですが、かなり強い香料が入っているので、アレルギー体質の人には難しいでしょう。

★対策★
そこで、アレルギー科の医師に、アレルギーの赤ちゃん用ミルクを勧められました。
アレルギーの赤ちゃん用ミルクは、各メーカー一生懸命精製しているらしく、アレルギーを起こす人は少ないそう(ゼロ人ではないようです)。

アレルギーの赤ちゃん用の粉ミルクについて、色んな方がまとめてくださっております。
アレルギー用ミルク
http://senoopc.jp/al/allergymilk.html


赤ちゃんのミルクアレルギーと対応の粉ミルク
https://food-drink.pintoru.com/formula/allergy/


*メーカーの改良により、乳糖の有無等の情報が現在の製品と多少変わっているものもあるようです。最新の情報は各自お調べください。

*海外のアレルギーフリーの大人用のアミノサプリも試しましたが、それも最初は良かったのですが、続けていくうちにアレルギーが出ました。
なので、アレルギーの赤ちゃん用の粉ミルクの方が良いと思います。

★効果とメリット★
・明治ミルフィーとニューMA1、ボンラクトアイ、ペプディエットを試したところ、ニューMA1以外は大丈夫でした。
ニューMA1は最初は好調だったのですが、摂取頻度と量を増加したところ、アレルギー反応が出だしたので現在休止中です。成分に含まれているヒマワリ油に以前からアレルギーがあったため、一定量以上の摂取は無理だったようです(1回につき付属のスプーンで5杯、週に3回程度であれば大丈夫でしたが、1回につき付属スプーンで10杯で毎日飲んだらダメでした)。
明治ミルフィーとボンラクトアイ、ペプディエットはもともと摂取頻度と量を抑えていたため、今のところアレルギーも起きず、好調です。
下記の効果は明治ミルフィーとボンラクトアイ、ペプディエット、アレルギーを起こす前のニューMA1の効果です。
・歩く前と歩いた後に摂ると、筋肉痛が緩和しました。
・消化器官が未発達な赤ちゃんが吸収しやすいように母乳の成分や浸透圧に近づけてあるので、胃腸にとても優しいです。私には蒸しパンより楽でした。
固形物を食べた後集中力が低下することがあるのですが、朝食の代わりに、約100ml~200ml/回程度のお湯に溶いて飲んだところ、集中力が低下しませんでした。
消化も蒸しパンより早かったです。
・赤ちゃんが粉ミルクであれだけ大きくなるくらいなので、栄養価も豊富です。食事制限をしていて、栄養失調にならないか不安な方にも良いですね。
・これだけの種類の栄養をサプリで摂ろうとするとすごい高くつくのですが、粉ミルクは価格も安く、お財布にも優しいです。
・お湯に溶かすだけなので、調理も簡単です。仕事で忙しい方や、調理をする元気がない方にも良いですね。
・外出先でも飲めるように小分けパックになっているものもあります。出張先で食べられるものがなくて困っている時などに、助かりますね。

★注意事項と工夫★
・大人になると赤ちゃんの時にはあった乳糖を分解する酵素(乳糖分解酵素(ラクターゼ))が徐々に減少するらしく、乳糖入りのミルクを飲むとお腹がゴロゴロするようになるめ、必ず乳糖を除去したものを使用して下さい。
・アレルギー体質でない方も、アレルギーの赤ちゃん用ミルクをお勧めします。なぜなら、アレルギーの赤ちゃん用ミルクの方が乳たんぱくが高度に精製されており、消化器官の負担が小さく、吸収も早いからです。また、添加物も少ないからです。
・大人用の粉ミルクもありますが、添加物も多く、タンパク質の精製の程度もアレルギーの乳児用ほどではないため、お勧めしません。
・アミノ酸であれ、粉ミルクであれ、飲むのには水分が必要ですよね。水分は起きていれば消化も早いのですが、体を傾けたり横になると逆流もしやすいため、寝たきりの方はお困りではないでしょうか。対策としては、蒸しパンと一緒に食べるという方法があります。蒸しパンが水分を吸収して蓋のようになって逆流を防いでくれます。また、粉に対する水分比率を下げて粘度を上げると、その分消化速度も遅くはなりますが、逆流もしにくくなります(上にも下にも行きにくくなる)。逆流性食道炎の赤ちゃん用ミルクもありますが、アレルギーの赤ちゃん用ミルクに比べるとタンパク質の精製の程度も低い上、乳糖が入っているため、お勧めしません。粘度を上げて逆流しにくくしているだけなようなので、粉とお湯の比率を調整する方法で代替できないでしょうか。
・アレルギー用ミルクでも、アレルギーを起こすことはあります。アミノ酸の精製度を100%にするのは困難なこと、また、脂質等の原材料に使われている油等他の成分にアレルギーを起こすことがあります。各社各製品によって成分や原材料、精製度が異なりますので、ご自分に合うものを探してください。試すときは、病院が空いている時間帯に、体調が良い時に少量ずつ試してください。一定の頻度・濃度・分量まではアレルギーが出なくても、一定の頻度・濃度・分量を超えるとアレルギーを発症する場合がありますので、いきなり量や頻度・濃度を上げないように気をつけて下さい。また、いきなり飲まずに、皮膚に塗ったり、匂いを嗅いで少しずつ様子を見ると良いでしょう。運動直後の摂取は、吸収が早く、危険性が増します。運動会で子供がアナフィラキシーショックを起こす事例もよく報告されていますよね。ですので、運動前後の摂取は、アレルギーテストが完了して安全性が確認されてからにして下さい。アレルギー科の医師に相談しながら摂取して下さい。
・「何が」自分に合うかだけでなく「どの程度の量を」「どれくらいの濃度で」「どれくらいの頻度で」摂取するのが自分に最適かということも、分析して下さい。アレルギーがある方は特にですが、無い方でも、同様です。一定量・一定濃度・一定頻度だと体に良くて、症状も出ないけれでも、一定の量・濃度・頻度を越えると症状が出る食べ物は、アレルギーが無くてもあります。私の場合は桃がそれで、桃自体にはアレルギーはありませんでしたが、摂取量と摂取頻度が高い場合には風邪に似た症状が出ました。
・スキムミルクや牛乳の代わりに料理に入れても、料理のレパートリーが広がります。ただ、蒸しパン等に入れて焼いたりなど、固形物に入れた場合、お湯に溶かして飲む場合に比べると消化速度は落ちますので、松原先生のお勧めの方法で筋肉をつけるには、消化完了時間が運動完了時間と重なるように、摂取タイミングを調整して下さい。ただ、その計算が難しいので、運動後の摂取はお湯に溶かしたものを摂って、料理に入れて楽しむものはそれとは別のものとして用いた方が良いかもしれません。
・「添加物にアレルギーを起こしたため、添加物入りのものは摂取できない」と書くと、「自分はアレルギーがないから添加物を摂っても平気だ」と勘違いされる方がおられますが、必ずしも逆は真ではありません。お米や普通の食品すらしんどい方が添加物を摂取して症状が出ないという保証はないので、必ず摂取した時としていない時の体調を比較して、自分はどの添加物をどの量摂取するとどの程度の症状が出るのか・出ないのかを、アレルギー体質でない方も、確認して下さい。メーカーが添加物を使用しており、国がそれを許容しているのは、健康な国民の多数派には健康上今の所は支障があることが証明されていないからに過ぎず、胃腸の病気の方にとってどうかというのは、別途自分で確認する必要があります。
・粉ミルクは栄養価が高いため、すぐ雑菌が繁殖するそうです。作り置きしたり、魔法瓶に粉ミルクを溶かして持って行くとかすると、雑菌が繁殖するので、飲むときに作る方が良いそうです。大人は赤ちゃんよりは抵抗力はありますが、胃腸が弱っているときに雑菌を飲むのは良くありませんので、新しいものを適宜用意してください。


2016年02月01日

グァバジュースによる胃痛の緩和

グァバジュースを飲んだところ、胃や食道の痛みが緩和し、髪が抜ける量も減りました。
夕方に飲んだので多少逆流したと思いますが、それでも麦茶が逆流したときより全然楽でした。飲んだ時の感覚だとアルロイドGより良い感じでした。

アレルギーにも良いという記事がありましたが、南国のフルーツは日本人は食べられていないので、それ自体にアレルギーを起こす人もいるそうです。
なので、摂取頻度を週3回程度に抑えて、体調不良時の頓服代わりや、夕飯や朝食をとれないときの非常食代わりに飲んでいます。

初めて試したのはPS2〜3の時です。体調がそれより悪い時には試したことが無いので、分かりませんが、PS2の時でも一時的に体調が落ちた時に飲んで助けられているので、お体に合うようであれば、胃にも結構良い食品なのかもしれません。

☆グァバジュースの効能☆
https://minnakenko.jp/guabajuusu-sugureta-kounou-juusan/

https://www.slow-beauty.net/post-3078/#i-5

https://howtwo.co.jp/article/1048751


☆フレッシュグァバジュースが飲めるお店☆
私が試したのは下記のアサイーカフェのグァバジュース(グァバ以外に他の果物は入っていないもの)と、順造選 グァバ (果汁40%グァバジュース)です。

アサイーカフェ ショップリスト https://www.frutafruta.com/store/


2016年01月01日

アレルギーの名医 鈴木診療所 (京都市左京区)鈴木富美先生

☆日本有数のアレルギーの名医☆
鈴木先生も、松原先生と同じくらい名医で、全国から患者さんが通って来ています。

アレルギーを起こすと、分かりやすい湿疹や皮膚が赤くなる、痒くなる等の反応以外にも、胃痛、頭痛、筋肉痛、発熱等の慢性疲労症候群に似た症状が出ることがあります。
アレルギーは免疫反応なので、風邪の症状と類似の症状が出ることがあるのです。

遅延性のアレルギーだと原因特定が難しく、アレルギーの治療は半端な知識でやるとかえって危険なこともあるので、アレルギーの可能性がある方は、遠方の方も是非、一度足を運んで下さい。それだけの価値はあります。

非常に勉強熱心な先生で、常に知識がアップデートされておられること、アレルギーを起こす原因物質も時間が経てば変化するため、定期的に通った方が良いです。

☆アクセス☆
医療法人 鈴木診療所 (京都府京都市左京区)

郵便番号606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町68
Tel:075-712-7181

☆予約☆
アレルギー科は予約制です。1ヶ月前から電話での予約が可能です。
内科の診察は予約不要です。

アレルギー科:鈴木富美先生
内科:鈴木憲治先生

☆サイト☆
https://byoinnavi.jp/clinic/43761

健らいとのHPの今月のご案内の4ページ目に連載を掲載されておられます。
http://www.kennraito.com/monthly.html

2015年02月01日

放射性物質対策通販サイト・測定サイト

放射性物質、PM2.5、農薬、添加物等の検査を行い、体に優しい食材を販売・測定しているサイトを紹介します。
各通販サイトで検査結果も公表してくれています。

(1)ホワイトフード
(出荷基準)
検出限界0.5ベクレル以下で食品を販売。検出限界を超えた食品は測定結果を公表してくれます。
セシウムだけでなくストロンチウムの検査も行っています。
農薬使用量が全国平均の半分以下
農薬使用成分回数が北海道慣行栽培米の半分以下
化学肥料の使用量が北海道慣行栽培米の半分以下
自分の赤ちゃんにも食べさせる事ができる食材というコンセプトで選んだそう。
定期購入した人には、自宅の水道水の放射性物質検査をしてくれます。
HP:http://www.whitefood.co.jp
楽天 http://www.rakuten.co.jp/food-connect/





(2)はたちょく九州
HP:http://hatachoku.main.jp
(出荷基準)
出荷する作物は、すべて出荷前に放射能検査を実施。
Cs137とCs134において、それぞれの検体を1500ml、測定時間3600秒検査した場合の測定下限(純水においてCs137: 1.0Bq/kg Cs134:1.2Bq/kg 程度)を超えたものについては、出荷を一旦中止、Ge半導体検出器への再検査を依頼し、安全性が確認されたものしか出荷しません。
九州産限定
PM2.5の検査も実施済み
農薬は、一般慣行栽培の40%以下
化学肥料は、一般慣行栽培の40%以下
おためしセット1100円http://hatachoku.co.jp/otamesi_set.html


(3)ほっぺる
HP:
ほっぺる楽天サイト:http://www.rakuten.ne.jp/gold/hopperu-meat/
(出荷基準)
出荷前の検査にて、各検体の測定下限以下の商品しか出荷いたしません。
参考:純水1500mlを3600秒測定した場合の測定下限は
Cs-137:1.0Bq/kg Cs-134:1.2Bq/kg 程度。
PM2.5も検査済み。



(4)放射能測定 株式会社 八進
@一般によく流通している食材の測定結果の公表をしてくれてます。
「近くのスーパーに売ってるあの食材は1ベクレル以下なんだ!安心して食べられる!」ということが分かって良いですね。
放射性物質測定結果の公表サイト:http://gamma-spectrometer.com/kensakekka/
A限定通販サイトもあります。
通販サイト:http://gamma-spectrometer.com/store/
B依頼すると放射性物質の測定もしてくれます。
測定依頼の流れ:http://gamma-spectrometer.com/send/

(5)健らいと
HP:http://www.kennraito.com/index.html
アレルギー科・内科の名医が選んだ食材を販売しているお店です。
お医者さんが自腹を切って検査したり、原材料を問い合わせたり、患者さんの診察を通じて、お医者様が激選した製品を取り扱っています。
お勧めのお店です。
詳しくはお店にお問い合わせ下さい。

(6)金沢大地
HP:http://www.k-daichi.com/post_509.html
検出限界値:1kgあたり「1ベクレル」未満で不検出。
無農薬と有機肥料が基本

(7)ポラン広場
ホームページからも買えますが、楽天にも出品されてるようです。
HP:https://www.e-pod.jp/kivaonline/
http://www.tekuteku.net/user_data/nonuke2.php
(出荷基準)
https://www.e-pod.jp/hd/taisaku.html
放射性セシウムの基準値〔Cs-134・137計 単位:Bq/kg〕
一般食品 10Bq/kg
牛乳 2Bq/kg
飲料水 1Bq/kg
乳児用食品 1Bq/kg 
一般食品基準値10 Bq/kgは、これを超えるものは会員の方々のご判断を待つまでも無く、一切取り扱いをしません!という指針です。


(8)大地を守る会
HP:http://www.daichi.or.jp/ad/lpo-t/index.html?xadid=lis_ga_0009473
検出限界3〜10ベクレル/kg 
放射能不検出商品カテゴリを選択すると、当該商品だけを表示でき、不検出製品を購入できます。

(9)Oisix
HP:https://www.oisix.com/OtameshiTouroku.lp.g6--top--top-shinki_domo__html.htm?hosid=1801
(出荷基準)
http://www.oisix.com/shop.g6--shinki--earthquake_radiation_shinki__html.htm?mi2=shinki_gNav
http://www.oisix.com/shop.g6--aboutus--earthquake_radiationfaq__html.htm
検出限界5−10Bq/kg
「ベビー&キッズ商品」は、放射性ヨウ素、放射性セシウムとも不検出(検出限界は概ね5-10Bq/kg)の物。
それ以外の商品は、放射性ヨウ素、放射性セシウムとも 100Bq/kg以下となっております。
※牛乳・乳児用食品:50Bq/Kg 飲料水:10Bq/Kg

(10)らでっしゅぼーや
HP:http://www.radishbo-ya.co.jp/shop/
(出荷基準)
国の基準の半分以下
検査結果公表